目覚めスッキリ!プロが教える、寝る前わずか10分の簡単快眠ヨガ

pixta_6042011_S

睡眠不足は、健康と美容の大敵!

こんばんは、「ヨガを生活に活かす!」を実践中のkeiです。

朝晩、大分寒くなりました。

手足が冷たくて寝られない、ということはありませんか?

また、仕事や人間関係に悩んでもんもんとする、遅くまでパソコンをして、神経が高ぶったまま、深夜まで目がぱっちりなど、夜ぐっすり寝られない人は案外多いのです。

私が勤めているヨガスタジオでも、「疲れて眠いのに、イライラしてベッドに入ると寝付けない」、「温かいパジャマで寝ても、まだ寒い」という生徒の方が、沢山いらっしゃいます。

きちんと寝られないと一日の疲れが取れず、免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり、肌荒れ、クマの原因になります。

さらに、睡眠不足は女性が最も恐れていることにもつながります。

「スリープ&ストレス クリニック院長」の「林田健一」先生によると、睡眠不足は、食欲を刺激するホルモンの分泌を活発化させ、食欲増加を引き起こすそうです。

これではダイエットしたくても、続きません。

睡眠時間が短いと、空腹信号であるグレリンが多く分泌され、反対に睡眠時間が長いと満腹信号であるレプチンが多く分泌されます。ということは、寝不足だと食欲は亢進してしまい、ダイエットに悪影響を及ぼします。

引用元:(林田健一先生: スリープ&ストレス クリニック院長、日本睡眠学会評議員、精神保健指定医 「睡眠不足は体重増加の第一歩」日経ウーマンオンライン)http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20091009/104399/

ドキッとしませんか?

「早速何か始めなくちゃ」と思ってしまいます。

快眠グッズもいいけれど、自分でケアしてぐっすり寝られたら、いっそう健康的です。

疲れもストレスも解消する、簡単快眠ヨガ

pixta_9601535_S

そこで、寝る前のほんの10分でできる「簡単快眠ヨガ」のおすすめ動画を3つご紹介しますね!

ヨガでは、呼吸を意識しながら動きます。

ゆっくり丁寧に呼吸しながら動くと、交感神経副交感神経のバランスが整っていきます。

それが、体をリラックスさせ快眠につながるのです。

ヨガの呼吸法は色々ありますが、寝る前にリラックスするためのヨガなので、難しいことはせず、深くゆっくり呼吸できれば大丈夫です。

また、ヨガでは、体全体をバランスよく動かすので、縮こまっていた部分が伸び、血行がよくなります。

手や足をマットに着けるポーズでは、手の指、脚の指をしっかり開いて力強くマットを押すと、より温まりやすくなります。

リラックスできて、体も温まれば、ぐっすり眠れること間違いありません。

ブーツを履く季節に気になる脚のシェイプアップに役立つポーズもあります。

早速、今日の夜から試してみませんか。

ヨガには難しいことはありませんが、たった一つだけ、食事の後2時間以内と、アルコールを飲んでいる時は避けましょう。

【おすすめ動画1】体が固くても、初心者の人でもOK!

こちらは、「初心者でも安心!リラックスヨガで毎日ぐっすり【東洋羽毛_美容と健康動画】」です。

人気モデルであり、ヨガインストラクターもある山口つぐみさんのヨガです。

美しい姿勢は見ているだけでも癒されます。

座ったポーズが多いので、ヨガが初めての人も、体が固いという人も、無理なく始められそうです。

字幕があるのも、わかりやすくてうれしいですね。

「下向きの犬のポーズ」は疲労回復の他、肩こりにも効果が期待できるとのこと、忙しい一日の最後にぴったりです。

【おすすめ動画2】もう少し温まりたいときには、太陽礼拝もおすすめ

「冷えて眠れない」という人におススメなのは「みっちゃん先生の「Slow-Flow YOGA Lesson」vol.08」です。

こちらの動画で練習する「太陽礼拝」は、ヨガの基本ポーズの組み合わせです。

筋肉が多い脚を使うので、体が温まり、引き締め効果も期待できます。

このような動きのあるポーズは、前後にゆっくりしたポーズを入れて体を落ち着かせましょう。

一番目にご紹介した山口つぐみさんの動画の「赤ちゃんのポーズ」、「しかばねのポーズ」を加えるとちょうどいいです。

少し難しいかもしれませんが、夜寝る前のヨガなので、難しいところがあっても、さらっと流して、楽しい気分で練習すると、すっきりしてストレス解消にもなります。

【おすすめ動画3】疲れているときに、そのまま眠っていいヨガ

特別に疲れているときは、「【おうちでヨガ】ベッドの上でできる寝る前の10分ヨガ」が、気楽です。

クッションをいくつか用意すれば、すぐに始められます。

脚を上に伸ばすポーズは、脚のむくみ解消にも役立ちます。

ポーズを取るときも急に動き始めたり、止めたりせず、動画のように、ポーズとポーズの間もなめらかに動くと、いっそうリラックスできます。

「ぐったり疲れて帰宅したら、すぐベッドにばたん」という人も、このくらい伸ばしてから寝ると、疲れが取れて、むしろ気持ちよく眠れます。

「そのまま眠っていい」というのが、本当に魅力的なヨガです。

足が冷たい人は、足指をマッサージするだけでも。

これらどの動画のヨガポーズも、たった10分で自然な眠気を誘い、気持ちよく寝られます。

意識的にゆっくり呼吸し、リラックスした気持ちで練習するのがポイントです。

ポーズが上手くできなくても、自分で「伸びてきた」、「ぽかぽかしてきた」と思えればいいのです。

それでも、習慣になるまではハードルが高いかもしれません。

快眠ヨガを習慣にするためのポイントとは?

ここで快眠ヨガを習慣化させるコツをいくつか挙げておきます。

  • お気に入りのパジャマを着たり、癒しの音楽をかける。
  • 動画の内容をある程度頭に入れておいて声のみ聴いて練習する。
  • 時間がないときは、足の指のだけでもOK。

一通りマスターすればとても気持ちいいので、知らず知らずのうちに習慣になっていくと思います。

時には足の指だけでもOKです!

またヨガスタジオでもよく行われているウォーミングアップ法もお教えしておきます。

上の3番目の「時間がないときの足の指だけ」はこれをやるといいでしょう。

  1. 足の指を一本ずつ、手で持って回したり引っ張ったり、足の甲や指の付け根を手でさすったりします。
  2. できる人は、手の指五本を足の指の間に入れて、ぎゅっと握ってみます。
  3. 痛いところまではしないで、「痛気持ちいい」ところまでにするのがポイントです。

足先が温まると、寝やすくなりますから是非試してみてくださいね。

健康にも美容にもダイエットにも役立つ「簡単快眠ヨガ」で、ぐっすり眠って、明日もすっきり目覚めましょう!

この記事を書いたライターさん:kei
ヨガインストラクター・経理税務コンサルタント
予算管理や税務申告に追われ、ストレスだらけの毎日を、リラックスして過ごすためにヨガを始めた。オフィスワークが快適になるようなヨガを、日々提案中。

ツイッターにて当ブログの更新情報をお知らせしています。
よろしければフォローしていただけたらと思います!

サブコンテンツ

このページの先頭へ