ニンジンひとつで簡単! 美肌作りに役立つヘルシーなキャロットラペ

8-10kyarott-1

いつも買う野菜といえば、にんじん・じゃがいも・玉ねぎあたりを思い浮かべるのではないでしょうか?

和・洋・中どんな料理にも使いやすく日持ちもするので、常備している方も多いと思います。

いつもある野菜だからこそ中途半端に残ったときには、それひとつで料理が作れると嬉しいですよね。

今日はにんじんひとつで簡単に作れるサラダをご紹介します。

皮をむく要領でピーラーでスライスしてドレッシングであえるだけ。
薄くスライスしてあるので短時間でも味のしみ込みが良く、千切りするよりもスピーディーに調理できます。

ある程度日持ちがするので、時間のあるときに作り置きしたり、来客時のちょっとしたおもてなしにも便利です。

栄養・美容効果の高いにんじんを、丸々1本使いきれるのも嬉しいですね。

それではレシピをご紹介しましょう。

材料2人分

 
にんじん 大きめ1本

<調味料>
オリーブオイル 大さじ2/3
酢 大さじ1 (レモン汁でもOK)
塩 ふたつまみ
こしょう 少々
パセリ(あれば) 適宜

作り方

9-10kyarott

10-10kyarott
① にんじんはピーラーで皮をむき、同じ要領で1本スライスする。

11-10kyarott
② 調味料をボウルに入れよく混ぜる。

12-10kyarott
③ ②に①を加えてあえる。

8-10kyarott
④ お皿に盛り、あればパセリなどちらす。

ニンジンの選び方と保存方法

にんじんは切り口の茎の部分が小さく中心にあるもの、色鮮やかでハリのあるものが良品です。
すぐに使わないときには、乾燥しないよう新聞紙にくるみ冷蔵庫で保管するか、食べやすいサイズにカットして冷凍保存も可能です。

美味しくて美肌効果もアリ!

にんじんは緑黄色野菜の中でもβカロテンの含有量がトップクラスと言われます。
カロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を保護しうるおす働きをします。

実はにんじんに含まれるアスコルビナーゼという酵素は他の野菜のビタミンCを破壊してしまいます。

すったり細かく切ったりして空気に触れる面が多くなるとより多くのビタミンCを破壊してしまうことになります。

これを予防するには今回のように酢であえるか加熱することがくまなく食材の栄養を摂取する為のポイントとなります。

また抗酸化作用のあるオリーブオイルと組み合わせることでより一層の美肌効果が期待できます。

オリーブオイルは生食の場合はエキストラ・バージンオイルを使用するのがおすすめです。

キャロットラペはこのままでも十分美味しいのですが、便秘改善や美肌に効果があるくるみ、アンチエイジングに効果があるレーズンなどをトッピングしても美味しくいただけます。

にんじんが苦手という方には粉チーズを加えると食べやすくなりますよ。
お好みでアレンジしてみてくださいね。

この記事を書いたライターさん
フードコーディネーター・栄養士。メニュー開発、スタイリング、料理撮影、食に関するコラム執筆など食の分野で幅広く活動中。体の中からきれいになる料理やお菓子レシピの提案が得意。


ツイッターにて当ブログの更新情報をお知らせしています。
よろしければフォローしていただけたらと思います!

サブコンテンツ

このページの先頭へ