インナーマッスルの意味など

インナーマッスルとは

インナーマッスルというのは、直訳すれば、『インナー=内部の』『マッスル=筋肉』で、体の深層部にある筋肉のことを指しています。

筋トレなどでは、表面にある筋肉(アウターマッスル)を鍛えている場合がほとんどです。

アウターマッスルは、運動などで大きな力が必要なときメインとなって動いてくれるもので、インナーマッスルは、姿勢を正しい位置に調整したり、動かした関節を元の位置に戻すといった細かい動きを主に行っています。

インナーマッスルが衰えると

よく言われるのは、内臓や腸が下がり気味になりおなかが出てくるという『下腹ポッコリ』の原因であることです。
また、体幹を支える力が弱くなりますから猫背の原因にもなりますし、腰に負担がかかって腰痛を引き起こしてしまいます。

ほかにも、基礎代謝が低下し太りやすくなるとか、内臓脂肪がつきやすくなるといったデメリットもあります。

スポーツをしている場合ですと、運動をした後に関節の位置や姿勢の調節がうまくいかず、怪我などのトラブルの原因になることもあります。

インナーマッスルを鍛えるメリット

インナーマッスルを鍛えると動作が滑らかになるので、動きにムダがなくなり、立ち振る舞いもキレイになります。
また、運動するときに姿勢が不安定になるのを防ぐことができます。

ほかにも、基礎代謝がアップして痩せやすい体質を作ることにつながります。
普段使わない部分の筋肉ですから、意識して鍛えるようにすることが大切です。

筋トレのように体力の激しい消耗はありませんから、鍛えるというより、衰えないように維持することを心がけてみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ