メタボの意味や予防法など

メタボとは

メタボというのはメタボリックシンドロームを略した言葉で、『中高年で太っている=メタボ』のように捉えられていることも多いです。

太っていれば必ずメタボというわけではなく、内臓脂肪のつきすぎによる肥満で、生活習慣病のリスクが高まっている状態のことをメタボといいます。

内臓脂肪は見た目ではわかりにくいので、正しく測るにはCTなどで腹部を診なければなりません。
ですが、ポッコリおなかの方全員がCTを受けるというのも無理があります。

そこで、腹囲の基準値(男性85cm、女性90cm)を超え、なおかつ、中性脂肪値、血圧、血糖値などが適正値を超えている場合にメタボの可能性ありと判断されます。

メタボがもたらす怖い病気

最終結論からいってしまえば、脳梗塞、心筋梗塞などになりますが、メタボになれば必ず発症するというわけではありません。

まずメタボになると、高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満といった生活習慣病を発症するリスクが高まります。
これらの病気にかかると、動脈硬化を起こしやすくなります。

動脈硬化は、全身に張り巡らされている動脈に起こりますので、脳内の血管で起これば、脳梗塞や脳出血などの脳卒中に、
心臓にある血管で起これば、心筋梗塞や狭心症へとつながります。

メタボは直接的に怖い病気を引き起こすわけではありませんが、その原因を作り出すキッカケになります。

メタボの改善と予防

普段の生活習慣の見直しと早期改善がカギです。
バランスのよい食生活、適度な運動、アルコール摂取や喫煙の節制が必要となります。

また、ストレスが溜まると暴飲暴食をしやすいので、ストレスをうまく発散することも大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ