メラニン色素の意味など

メラニン色素とは

『日焼け=メラニン=お肌の大敵』のような印象がありますが、実はお肌を紫外線から守ってくれるという大事な役割を持っています。

紫外線が肌の奥深くまで入ると細胞のDNAに悪い影響をもたらしてしまうので、そうならないよう、メラニン色素が紫外線を吸収し守ってくれているのです。

日焼けして肌が黒くなるのは、肌表面という最前線で紫外線バリアをしているようなものです。
ですが、メラニン色素がたくさん生産されて肌に残ってしまうとシミになってしまいます。

肌のターンオーバーによってメラニン色素は排出されていきますが、ターンオーバーが滞ると、色素が沈着してシミとして残るため気をつけなければなりません。

メラニン色素を沈着させないために

まず、メラニン色素が作られないよう予防する、つまり、日焼けをしないよう紫外線対策をしっかり行います。
美白化粧品やサプリメントに含まれている美白成分やビタミンCには、これから作られるメラニン色素を抑える効果があります。

そして、できてしまったメラニン色素については、肌のターンオーバーで徐々に排出されるため、新陳代謝が活発になるよう促すことが大切です。

ターンオーバーは年齢とともに遅くなるので、一定のサイクルで行われることが望ましいです。
ビタミンB2やB6、Eには、肌のターンオーバーを促す働きがあります。

またビタミンCには、できてしまったメラニン色素を還元してシミを薄くさせる効果もあります。

メラニン色素の沈着を防ぐ食材

ビタミンCには、これから作られるメラニン色素を抑制したり、できてしまったシミを薄くする効果がありますから、積極的に摂るとよいでしょう。

ブロッコリー、キャベツ、ジャガイモなどの野菜類、キウイフルーツやいちごなどの果物に多く含まれています。

また、肌のターンオーバーを促す働きのあるビタミンB2、B6、Eは、魚介類や乳製品、卵、緑黄色野菜などに多く含まれています。

レモンやオレンジなどのかんきつ類にもビタミンCが含まれていますが、かんきつ類には『ソラレン』という物質が含まれているものがあります。

このソラレンを摂取すると、紫外線の感受性が高まってしまい日焼けしやすくなってしまいます。
ほかにも、パセリやセロリなどにも含まれていますが、これらの食材は、朝に食べず、夜食べるようにするとよいでしょう。


325
このメラニン色素を利用して毛根を破壊することでムダ毛を生えなくする施術がクリニックで行われているレーザー脱毛や脱毛エステでのフラッシュ脱毛と呼ばれるものです。

特に最近はエステサロンでの脱毛の人気が高くワキ脱毛がお値打ちでできるミュゼプラチナムや全身脱毛が定額制の月払いでできるエターナルラビリンス脱毛ラボなどが人気です。

初めての脱毛なびでは地域別にこれらおすすめのお店が探せますからあなたの近くのサロンがきっと見つかりますよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ