副交感神経の意味、働きなど

副交感神経とは

副交感神経は、自律神経を構成する神経で、交感神経と反対の働きをしています。
休息してリラックスしているときや夜寝ているとき、入浴中などに優位に働いています。

例えば、夜眠りにつくとき、目に入ってくる光が少なくなるようにするため瞳孔が狭くなったり、胃腸が活発に動いて消化が促進されるというのは副交感神経の働きによるものです。
副交感神経は、心身の休息と回復を促すために働いています。

副交感神経の働き

昼間にしっかり活動ができるよう、体と心を休めてエネルギーを回復させるのが副交感神経の役目です。
副交感神経が優位に働くと、血管が拡張し血圧が下がってくるので、心身はリラックスモードになります。

心拍もゆるやかになり、呼吸もゆっくりになります。
食べたものの栄養を効率よく吸収するために、胃腸の働きが活発になり消化吸収が促進されます。

生命維持のために体のメンテナンスを担っているのが副交感神経です。

副交感神経を活性化させるには

アミノ酸の中にも心身をリラックスさせる作用を持つものがあるので、それらが含まれる食材を摂るというのもひとつの方法ですが、基本は体が喜ぶことを行うことがポイントになります。

美味しいものを楽しんで食べる、笑う、深呼吸する、軽いストレッチを行うなど、リラックスできることが大切です。
また、お湯に浸かって体を温めることもおすすめです。

栄養バランスのとれた食事を1日3食しっかり摂り、よく動きよく休むという健康的な生活習慣が大事なのかもしれません。
体と心に栄養を与えてあげるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ