基礎代謝の意味など

基礎代謝とは

基礎代謝というのは、生命を維持するために最低限必要なエネルギーのことで、呼吸や体温調整など無意識のうちに消費されています。

私たちが生きていくうえで欠かせないもので、寝ているときにも消費されています。
1日に消費する総エネルギー量の約70%も占めているので、基礎代謝量を上げると太りにくくなるのだとか。

基礎代謝は、14~16歳頃にピークになり、その後年齢が進むとともに下がっていきます。

基礎代謝が下がると?

基礎代謝が下がるとエネルギーの消費量が減るため、太りやすくなってしまいます。
また、体の血流が悪くなるため、手足が冷たく感じ体温が低くなります。

体温が低下すると体の免疫力が下がり、病気にかかりやすいなど体の不調となってあらわれてきます。

基礎代謝を上げるには

基礎代謝によるエネルギー消費量が最も多いのは筋肉なので、筋肉を増やせば基礎代謝は上がることになります。
筋肉は使わなければ脂肪になりますから、筋肉が衰えないよう維持することが大事です。

ウォーキングなどの有酸素運動も効果がありますが、運動するときは普段使わない筋肉を使うよう意識して行うようにします。
また、軽い筋トレも組み合わせるとさらに効率がよくなります。

食べ物でいえば、良質なタンパク質を多く含む食材は筋肉の成長促進に効果があります。
ほかにも、体を温めて血流をよくしておくと、エネルギーの消費が多くなり、基礎代謝量のアップにつながります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ