抵抗力の意味など

抵抗力とは

抵抗力というのは、免疫力と同じような意味で使われることが多いです。

しいて言えば、免疫力は体内にある体を守るためのシステム(抗体や白血球の働きなど)を指し、抵抗力は体が病気を跳ね返す力だったり病気にかからない力、病気に耐える力そのものと捉えることができます。

ですから、抵抗力の中に免疫力が含まれるというふうに考えることもできるでしょう。

病気のウイルスや菌が体内に入ってくると、体内にある免疫細胞がそれらを異物とみなし排除するよう働きますが(この働きそのものが免疫力)、そうした働きがウイルスが増殖する前にすぐに行われること、免疫細胞に指令を出す動きが早いことを『抵抗力が高い』ということができると思います。

抵抗力を高めるために

抵抗力を高めるためには、体内の免疫システムがしっかり働くよう維持することが大切です。
そのためには、体温を維持することがあげられます。

女性に特に多いのが低体温で、体温が36度を下回ると体の免疫力が低下し、病気にかかりやすくなります。
体温を36.5度前後で保つようにすると、免疫システムが活発に働くのだそうです。

それから、さまざまな栄養をしっかり蓄えておくことも大切です。
体が充分な栄養で満たされていれば免疫細胞もしっかり自らの役割を果たすことができますが、栄養が足りていないと生命維持の方が優先されてしまうので、免疫細胞の働きが弱くなってしまいます。

また、腸には体全体の約6割の免疫力があるといわれていますので、腸の健康を保つことも大事なことといえます。

抵抗力を高める食材

体温を維持する、つまり体を温める食材として代表的なのは、冬が旬の野菜です。
かぼちゃやたまねぎなどがありますが、ごぼうやにんじん、れんこんといった根菜類も体を温めてくれます。

野菜はビタミンも豊富なので抵抗力を高める食材としておすすめです。
また薬味としてよく使われる、しょうがにんにく、ねぎも体を温めるのに有効です。

腸の健康を維持するには、納豆、ヨーグルトなどの乳酸菌、味噌やキムチなどの発酵食品がよいでしょう。


325
最近は皆さん当たり前のように脱毛器や脱毛エステでムダ毛の処理をされますよね!
しかし脱毛直後はお肌の抵抗力は弱くなっています。

抵抗力の弱い状態だと毛穴から菌が入りやすく肌トラブルの原因となりますから出来るだけお肌の清潔を保つようにしたいものですね!

また脱毛エステは衛生状態の行き届いたお店を選びたいものです。
初めての脱毛なびでは地域別におすすめのお店が探せますからあなたの近くのサロンがきっと見つかりますよ!
近畿地方であれば三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山の市区内にあるおすすめのお店の情報が載っていますからぜひ参考にしてみてくださいね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ