活性酸素の意味など

活性酸素とは?

最近よく耳にする活性酸素。これが増えると体によくないと言われています。
活性酸素というのは、周りにある物質を酸化させる力が強い酸素のことで、呼吸して体内に取り入れた酸素の約2%が活性酸素になるそうです。

この活性酸素、殺菌力が強いため、体内に侵入してきたウイルスや細菌を攻撃するという大切な働きをしています。

ですが、必要以上に増えすぎてしまうと、正常な細胞までも攻撃してしまうため、それが体にとってよくないということなのです。
活性酸素による攻撃は『酸化』で、鉄が錆びるのと同じ現象になります。

つまり、健康な細胞が早々と老化の一途をたどることになり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、がん、糖尿病など、さまざまな病気の引き金となってしまいます。

そのため、活性酸素から身を守ることが大事になります。

活性酸素が増える原因と予防

息を吸うだけでも活性酸素はできてしまいますが、さらに増えてしまう原因となるのが、ストレス、タバコ、飲酒、激しい運動です。

また、紫外線や食品添加物も活性酸素を増やす一因となるので、それぞれに対処することが必要です。

  • ストレスを溜めない
  • ストレスが溜まると、体の血流が悪くなります。
    その悪くなった血流が改善されるときに酸素がたくさん消費され、活性酸素が生み出されてしまいます。

  • タバコを控える
  • タバコの煙には活性酸素の発生を促す有害物質が多く含まれています。
    有害物質が血液中に入ると、悪玉コレステロールが攻撃を受け、動脈硬化へと進んでいきます。

  • アルコールはほどほどに
  • アルコールが肝臓で分解されるときに活性酸素が発生するので、飲む量に気をつけましょう。
    肝機能が低下すると疲れやすくなりますし、やがては肝硬変を引き起こします。

  • 運動は軽めに
  • 適度な運動は血流をよくするため体によいですが、急に激しい運動をすると、呼吸量が増えて酸素の消費が多くなります。
    その分、活性酸素の発生するリスクも増えます。

  • 紫外線から身を守る
  • 紫外線による影響を受けないために、ちょっとの外出でも日焼け対策をしましょう。

  • 食品添加物を摂り過ぎない
  • 食品添加物に含まれている化学物質は、活性酸素を発生させます。
    ジャンクフードや加工品ばかりの食事を避けましょう。

活性酸素を抑える食べ物

必要以上の活性酸素は体によくないものですが、食べ物には活性酸素の働きを抑える『抗酸化作用』を持つ成分が含まれています。
代表的な成分に、ビタミンCEβ-カロテン、リコピン、カテキン、アスタキサンチンなどがあります。

ビタミンC・・・キウイやイチゴなどの果物、かぼちゃやブロッコリーなどの野菜類など
ビタミンE・・・アーモンドなどのナッツ類、大豆など
β-カロテン・・・にんじん、ピーマンなどの緑黄色野菜
リコピン・・・トマトなど
カテキン・・・緑茶など
アスタキサンチン・・・エビ、鮭など

いろいろな食材からまんべんなく栄養を摂ることが、活性酸素の抑制につながります。

活性酸素を増やす食べ物

揚げ物をした後の油など、古い油は酸化が始まっているので気をつけましょう。
また、揚げ物の作りおきも大量に食べないようにしたいものです。

食品添加物の多いジャンクフードや加工品、お菓子などもよくありませんので注意しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ