消化酵素の意味や働きなど

消化酵素とは?

食べ物を体に吸収されやすい栄養素の形にまで分解することを消化といいますが、この過程を担っているのが消化酵素です。
消化器官によって分泌される消化酵素の種類も違いますし、分解する栄養素によっても消化酵素は異なります。

よく知られている消化酵素のひとつに『アミラーゼ(ジアスターゼ)』があります。
アミラーゼは、唾液中に多く含まれ、炭水化物中のデンプンをブドウ糖などに分解します。

胃液に含まれている消化酵素には『ペプシン』があり、たんぱく質を小さなペプチドに分解します。
腸液には炭水化物を分解する『マルターゼ』や『スクラーゼ』、たんぱく質を分解する『アミノペプチターゼ』が含まれ、膵液にはたんぱく質分解酵素の『トリプシン』や脂肪を分解する『リパーゼ』などが含まれています。

消化酵素は、どの栄養素を分解するかによって、『炭水化物分解酵素』、『たんぱく質分解酵素』、『脂肪分解酵素』に分けられます。

消化酵素の働きを高めるには?

消化酵素に限りませんが、酵素の働きは、体内で行われているさまざまな生命活動と密接につながっていて、体温が高いと活発になります。
酵素がきちんと働かなかったり量が減ったりして消化や代謝に滞りが生じると、肌が荒れてきたり病気にかかりやすくなったりします。

体温が37度を超えてしまうと私たちは辛さを感じ始めますが、これは体内の防御システムが働いて、体に入ってきたウイルスを退治しようとするからです。

また体温が低いと酵素が活発に働かないため、やはり体調不良へとつながってしまいます。
体温を37度前後で維持することが、酵素の働きを正常に保つのに必要といえます。

体内で合成される酵素の量は年齢とともに減少していくため、酵素そのものの働きを活性化させることも大事ですが、食べ物などで外から補ってあげることも大切です。

さらに、ビタミンB群やミネラルには、酵素の働きを助ける『補酵素』としての機能もありますので、しっかり摂るようにすると酵素の働きをサポートしてくれます。

消化酵素を含む食べ物

消化酵素は、キャベツやだいこん、小松菜などの野菜や、キウイフルーツ、パイナップル、りんごなどの果物に含まれています。
補酵素として働くビタミンやミネラルは、緑黄色野菜やきのこ類、肉類、魚介類などに豊富に含まれています。

焼肉屋さんにいくと、デザートによく生のパイナップルを見かけませんか?
これは、パイナップルに含まれるたんぱく質分解酵素の力でお肉の消化を促そうとしているのだそうです。

また、お餅に大根おろしをそえるというのも、だいこんに含まれるアミラーゼがお餅の消化に一役買うという昔ながらの知恵だそうです。
とんかつに千切りキャベツが添えられているのも、脂っこいものを食べて胃がもたれないようにする工夫なのですね。

また、納豆やヨーグルト、お漬物などの発酵食品は、食品に含まれる酵母や菌などの働きである程度分解された形になっているので、食べ物として食べても、消化に使われるエネルギーや消化酵素の量が少なくて済むといわれています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ