皮下脂肪の意味や落とし方など

皮下脂肪とは

私たちの体にある体脂肪には、大きく分けて内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があります。
内臓脂肪は内臓まわりにつく脂肪で、男性に多いとされています。

皮下脂肪はおなかの皮のすぐ下にある脂肪で、外から簡単につまむことができます。
体形の変化に顕著にかかわってきますから、気にされている方も多いのではないでしょうか。

一般的に皮下脂肪は女性につきやすいとされています。

皮下脂肪の働き

あればあるほど服が入りにくくなるなど、いいことナシのような皮下脂肪ですが、私たちの体にとって大切な働きもしてくれています。

まず、外からの刺激に対して体を守る働きがあります。
ぶつかったときに衝撃を吸収することで内臓を守ってくれたり、外の温度差が大きいときには体温の調節をしてくれます。

また、体が飢餓状態になったときには、エネルギー源となってくれます。
そのため、ある程度の皮下脂肪はついているほうがよいのです。

皮下脂肪を落とすには

摂取カロリーが多く消費カロリーが少ないと脂肪として蓄積され、ゆっくり時間をかけてついてきます。
そのため、いったんついてしまうと落としにくいという特徴があります。

ついてしまったものを落とすには、有酸素運動が効果的です。
運動を始めて初めの20分間ぐらいは血液中や内臓にある糖分が消費され、その後、脂肪が燃焼していきます。

運動を始める前にストレッチや筋トレを行うと、脂肪が燃焼するまでの時間が短くなるので、効率的に燃焼させたい方は取り入れてみるとよいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ