脂肪肝になる原因、予防法など

脂肪肝とは

脂肪肝というのは、肝臓に脂肪が蓄積した状態のことで、肝臓が太ってしまっている状態のことをいいます。
フォアグラをイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

肝臓はよく『沈黙の臓器』ともいわれ、脂肪肝になっても自覚症状がほとんどなく、健康診断などでみつかることも少なくありません。

知らず知らずのうちに脂肪肝が進むと、肝炎→肝硬変→肝臓がんへと進行していくリスクが高くなるので注意が必要です。

脂肪肝になる原因

余分な脂肪を肝臓が溜め込むのですから、主な原因は食べ過ぎと飲み過ぎにあります。

食べ過ぎの場合、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが悪く、摂取した脂質や糖質が体内で過剰になると、中性脂肪として肝臓に蓄積されます。

また、肥満や糖尿病、脂質異常症などがあると、インスリンの働きも悪くなっているため、さらに肝臓に溜まりやすくなります。

飲み過ぎの場合は、アルコールを解毒する役割を担っているのが肝臓であるため、アルコールの量が増えれば負担がかかり、肝臓の働きが低下して脂肪が溜まることになります。

食べ過ぎや飲み過ぎのほかにも、無理な食事制限で体が飢餓状態になると、生命維持のために脂肪を蓄積しようと体が反応するため、脂肪肝になることがあります。

脂肪肝の改善と予防

脂肪肝の原因が食べ過ぎにあるなら、カロリーを制限した食事と適度な運動で改善が期待できます。
脂質や糖質の摂り過ぎに注意しましょう。

飲み過ぎが原因なら、禁酒が効果的です。
ストレスを溜めず良質な睡眠を摂ることを心がけるとよいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ