β-カロテンの効果や多く含む食品など

β-カロテンの働き

β-カロテンは、主に緑黄色野菜に多く含まれる赤橙色系の色素の一種です。
体内で生成される活性酸素を抑制するという抗酸化作用があります。
人間の体内に入ると、必要に応じてビタミンAに変換され、ビタミンAとしても働きます。
ほかにも、皮膚や粘膜を丈夫にしたり、免疫力の強化、抗がん作用、目の機能向上、老化防止などの効果があります。

β-カロテンが不足すると?

β-カロテンが不足すると、皮膚や粘膜を正常に保つ力が弱くなるため、肌が荒れたり粘膜が弱くなったりします。
ほかにも、風邪やがんなどの病気にかかりやすくなります。
またビタミンAが不足すると、暗いところでものが見えなくなる夜盲症になることもあります。

β-カロテンの過剰摂取は?

β-カロテンは体内でビタミンAとして働きますが、ビタミンAの過剰摂取は障害が起こるとされているので気になるところです。
結論から申せば、β-カロテンの過剰摂取は心配ありません。
β-カロテンは体内でビタミンAに変わりますが、必要以上に変換されることはなく、残った分は細胞などに蓄積されます。
ビタミンAの過剰摂取に注意が必要なのは、動物性のレチノールに由来するビタミンAなので、β-カロテンからのビタミンAは気にしなくて大丈夫です。

β-カロテンを多く含む食品

かぼちゃ にんじん ほうれんそう モロヘイヤ あしたばなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

β-カロテンの効果を上げるには

β-カロテンの抗酸化作用は、がんの予防にも効果をもたらすということで、近年注目されています。
ですが、β-カロテンはそのままでは体に吸収されにくいので、油で調理すると吸収率がアップします。
また、β-カロテンだけでなく、ビタミンCやビタミンEなど他の栄養素と一緒に摂ると、さらに効果が上がります。
β-カロテンの効力を最大限に生かすなら、効率のよい摂取を目指しましょう。

β-カロテンとビタミンA

β-カロテンは体内でビタミンAに変換されるので、基本的な効能はビタミンAと同じです。
ですから、β-カロテンはプロビタミンAと呼ばれることもあります。
すべてのβ-カロテンがビタミンAに変わるのではなく、体が必要としている分だけビタミンAに変わります。
残ったβ-カロテンは脂肪などに蓄えられますが、抗酸化作用や抗がん作用を発揮しますので、積極的に摂取したいところです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ