アミノ酸の効果や多く含む食品など

アミノ酸って?

私たち人間の体の約20%はタンパク質からできていますが、このタンパク質の元になるのがアミノ酸です。
自然界には約500種類ものアミノ酸がありますが、ヒトの体のタンパク質となるアミノ酸はそのうちの20種類。
たった20種類のアミノ酸が複雑に組み合わさって血管や臓器、筋肉などを作り出し、私たちの生命活動を維持してくれているのです。

アミノ酸の種類

『必須アミノ酸』・・・体内で合成されないため、食品から摂取する必要があるアミノ酸。
トリプトファン、フェニルアラニン、リジン、ロイシン、イソロイシン、バリン、スレオニン、ヒスチジン、メチオニンの9種類。

『非必須アミノ酸』・・・ほかのアミノ酸から体内で合成可能なアミノ酸。
アスパラギン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、グリシン、グルタミン、グルタミン酸、システイン、セリン、プロリン、チロシン

『遊離アミノ酸』・・・タンパク質の構成要素にはならないが、細胞や血液に蓄えられているアミノ酸。
オルニチン、シトルリンなど。

アミノ酸の効果

アミノ酸から作られたタンパク質は筋肉や内臓などを作ったり、酵素やホルモンの材料として使われます。
また、脳の働きを活性化させたり、免疫機能を高めるなどといった、神経伝達物質の成分にもなるので、私たちの健康を維持するためになくてはならないものです。
ほかにも、アミノ酸の働きとして皮膚の再生を助けるというものがありますが、これは女性にとって大切な美容につながります。
上手にアミノ酸を摂取すれば、筋力強化やダイエット、肝機能の改善、疲労回復、美肌作りなど、実にさまざまな効果を期待できます。

アミノ酸が足りなくなると?

体に必要なアミノ酸ですから、不足すれば体が不調になります。
疲れやすくなったり、免疫力が低下したり、肝機能が低下するなど、体によくないことばかりです。
また必須アミノ酸は、そのいずれかが足りなくなると、ほかの必須アミノ酸の働きも低下してしまうので、まんべんなく取るようにしたいものです。

アミノ酸が多すぎると?

体に必要なアミノ酸といっても、たくさん摂れば摂るほどよいというものではありません。
過剰に摂取すれば、腎機能や肝機能に障害が出たり、高血圧や動脈硬化を引き起こすこともあります。
過不足にならないよう、バランスよく摂取することが大切です。

アミノ酸を多く含む食品

アミノ酸を多く含むということは、タンパク質が多いということになります。
タンパク質を食べると、胃や腸でアミノ酸に分解されます。
動物性:肉類(牛肉、豚肉、鶏肉)、魚介類、乳製品(牛乳やチーズ)
植物性:豆類(大豆、味噌、納豆など)、穀類(米や小麦)

最近は、アミノ酸サプリメントもよくみかけますね。
あらかじめアミノ酸に分解された形で摂取できるので、特有の効果を効率的に得たい方にはよいかもしれません。

うま味成分のアミノ酸

和食特有のうま味成分といえば、グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸などがあり、このうちグルタミン酸はアミノ酸になります。
グルタミン酸は、昆布や白菜、緑茶などに多く含まれています。
昆布だしのまろやかで深い味わいは、私たち日本人が誇れるものではないでしょうか。
洋食文化を楽しむのもよいですが、和食はふるさとに帰ってきたような、ホッと一息つける食事であってほしいものです。

アミノ酸配合の製品

アミノ酸シャンプー、アミノ酸配合ボディソープなど、アミノ酸系の製品をよく目にするようになりました。
アミノ酸は、髪や肌の保湿成分として重要な役割を担っています。
肌の角層や髪の毛に含まれるアミノ酸の量が減ると、肌は乾燥してカサつき、髪はパサパサしてきます。
また、アミノ酸系のケア用品は低刺激性なので、肌や髪にやさしいというメリットもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ