カロテンの効果や多く含む食品など

カロテンとは?

カロテンというのは、野菜などに含まれる赤色や橙色、黄色の色素のことです。
カロテン類として、β-カロテン、α-カロテン、リコピン、γ-カロテンがあります。

これらには抗酸化作用や免疫力を強化する働き、皮膚や粘膜を丈夫にする働き、抗がん作用などがあります。
体内に取り込まれたカロテンは、必要に応じてビタミンAに変換されます。

カロテンが不足すると?

抗酸化作用を持つカロテンが不足すると、有害物質の生成を抑える力が弱くなるので、がんなどの病気にかかりやすくなります。
また、皮膚や粘膜を正常に保つ働きが低下するため、シミやシワができやすくなります。

カロテンの過剰摂取は?

カロテンは必要な分だけビタミンAに変換され、残りは脂肪に蓄積されます。
そのため、毎日摂取する必要はありません。

脂溶性なので摂りすぎが気になるところですが、今のところ過剰摂取による影響はないとされています。

カロテンを多く含む食品

にんじん、ほうれんそう、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

野菜の色と効果

野菜の赤、黄色、橙色は、色素であるカロテンの持つ色です。
こうした色をもつ野菜は、カロテンを多く含んでいることになるので、カロテンの持つ健康効果が期待できます。

緑の野菜にはクロロフィルが多く含まれ、カロテンと同様に抗酸化作用をもたらします。
ブルーベリーやぶどうの青紫色はアントシアニンの色で、目の機能向上に働きます。

できるだけ濃い色の野菜を選ぶようにするとよいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ