ビタミンB1の効果や多く含む食品など

ビタミンB1の働き

糖質が体内でエネルギーに変換されるとき、酵素の働きが重要になりますが、この酵素の働きを助ける役目をする補酵素として働くのがビタミンB1です。
また、脳や神経機能の働きを正常化する働きがあります。

ビタミンB1が不足すると

ビタミンB1が不足すると、糖質の代謝に影響が出ますので、エネルギー不足となり疲れやすくなります。
また、神経が正常に機能しなくなるため、イライラしたり、集中力・記憶力の低下をもたらします。
ビタミンB1の欠乏症としてよく知られているものに脚気がありますが、これもエネルギー不足と末梢神経系の障害によるものです。

ビタミンB1を過剰に摂取すると

ビタミンB1は水溶性なので、過剰に摂取しても体内に蓄積されることなく尿と一緒に体外へ排出されます。
ですから、過剰摂取による副作用は特に心配しなくても大丈夫です。

ビタミンB1を多く含む食品

豚肉
うなぎの蒲焼
豆類
タラコ

白米よりも胚芽米や玄米を!

日本人の主食であるお米は、実はビタミンB1が豊富に含まれています。
ですが、精米するときに胚芽分が取り除かれてしまうため、ビタミンB1の含有量がかなり減ってしまいます。
もったいないことです。
白米を発芽米や玄米に切り替えるのもよいですが、苦手な方は白米に少し混ぜて炊くと、それほど抵抗がなく食べられますよ。

ビタミンB1を効率よく摂るには

ビタミンB1は、水に溶けやすく熱に弱いので、効率のよい摂取を目指すなら調理にも気を使いたいところです。
『揚げる』よりも『焼く』、『焼く』よりも『煮る・蒸す』ほうが、ビタミンB1の損失が少なくて済みます。
また、水溶性ですからスープにして飲むというのもよいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ