ビタミンB2の効果や多く含む食品など

ビタミンB2の働きと作用

ビタミンB2は水溶性のビタミンで、糖質や脂質、タンパク質の代謝を促進する働きがあります。
ですから、体内に必要なエネルギー変換をスムーズにし、さらに、髪や爪、皮膚の健全な成長を促す作用があります。

また、体内で別の酵素とくっつくと、過酸化脂質という有害物質を分解する働きをします。
過酸化脂質は発がん性物質であるだけでなく、動脈硬化や高血圧を進行させる原因にもなるので、これらの予防にもビタミンB2が関わっています。

ほかにも、脂肪の燃焼を促進する働きがあります。

ビタミンB2が不足すると

皮膚や粘膜が敏感になるので、口内炎や口角炎、舌炎といった症状がみられます。
また、目が充血したり肌荒れや吹き出物、髪がぱさつくといったこともあります。

運動をする方や成長期にある子どもさんや妊婦さんなどは、体内のエネルギー消費が多いので、ビタミンB2が不足しやすいです。
体内に蓄えておくことができませんので、こまめに摂取するとよいと思います。

ビタミンB2を過剰に摂取すると

ビタミンB2は水溶性ですから、余った分は体外に排出されます。
ですから過剰摂取を心配する必要はあまりないのですが、サプリメントなどで大量に摂ると、まれにかゆみやしびれが起こることがあります。

また、吐き気や嘔吐があるという事例も報告されているので、過剰に摂りすぎないよう気をつけるほうがよいでしょう。

ビタミンB2を多く含む食品

レバー、魚介類、卵、牛乳や乳製品といった動物性食品に多く含まれています。
植物性なら納豆がおすすめです。

熱に強く光に弱い

ビタミンの中には、熱に弱く調理に気を使うものもありますが、ビタミンB2は熱に強いので加熱調理でもしっかり栄養を摂ることができます。

ですが、唯一の弱点ともいうべきは光。
光に当たると変色したり栄養分が分解されたりするので、保存するときは遮光するようにしましょう。

また、水溶性ですから、食品の洗いすぎにも気をつけるようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ