ビタミンCの効果や多く含む食品など

ビタミンCの働き

  • コラーゲンの生成
  • 美肌によいとか風邪の予防に効くというイメージが強いですが、一番の働きはコラーゲンの生成を促進することです。
    コラーゲンは皮膚や血管、骨を丈夫にしますから、コラーゲンの生成に関与するビタミンCの働きは、私たちにとって重要なものです。
    美肌によいというのは、ビタミンCがシミやそばかすの元となるメラニン色素の生成を防ぐ働きがあるからです。

  • 免疫力アップ
  • ビタミンCには免疫力を高める働きがあります。
    自らも外から入ってきたウイルスと戦いますが、白血球の働きを強化し、体の防御機能に貢献します。

  • がんに抵抗
  • ビタミンCには強い抗酸化力があるので、発がん性物質の元にもなる過酸化脂質の生成を抑え、動脈硬化や心筋梗塞を予防する働きがあります。
    また、抗がん作用があるとされるインターフェロンの生成を促進します。

  • ストレスに抵抗
  • 私たち人間はストレスが生じると、それに対抗するためアドレナリンを分泌します。
    このアドレナリンの生成にはビタミンCの働きが大きく関わっているので、抗ストレスビタミンとして注目を集めています。

ビタミンCが不足すると

ビタミンCは体内で多種多様な働きをしていますから、不足すればその働きに影響が出ます。
血管が弱くなり出血しやすくなったり、疲れやすくなる、風邪などの病気にかかりやすくなったりします。
また、ストレスに弱くなり心身に不調が現れます。

ビタミンCの過剰摂取は?

さまざまな働きを担っているビタミンCですから、大量に摂ればよいのかというとそういうわけにはいきません。
ビタミンCは水溶性で体内には蓄積せず、2~3時間後には排出されてしまいますので、過剰摂取のリスクは特にありません。
ですが、サプリメントなどで一度に大量を摂ると、下痢や発疹などの症状が現れることがあります。

ビタミンCを多く含む食品

野菜類や果物類に多く含まれています。

  • 赤ピーマン
  • ブロッコリー
  • かぼちゃ
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • キウイ
  • いちご

ビタミンCは、水に溶けやすく熱に弱い性質があるので、長い時間水にさらさず加熱時間も短くするほうがよいでしょう。
できれば生食で食べる方がよいですし、食べる直前に切るほうが損失が少なくてすみます。

ビタミンCはタッグが得意

たくさんの重要な働きをもつビタミンCですが、他の栄養分と組み合わせるとさらなる効果を発揮します。

  • 鉄分と一緒にビタミンCを摂れば、鉄分の吸収が高まり、貧血予防の効果が上がります。
  • カルシウムと一緒にとれば、カルシウムの吸収が高まり、骨密度アップにつながります。
  • コラーゲンと一緒にとれば、美肌効果アップにつながります。
  • 葉酸やビタミンB12と一緒にとれば、血液をサラサラにする効果が期待できます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ