ビタミンEの効果や多く含む食品など

ビタミンEの働き

  • 老化や病気の予防
  • ビタミンEには強い抗酸化力があるため、老化や病気の原因となる過酸化脂質の生成や細胞の老化を防止する働きがあります。
    さらに、血液中のコレステロールの酸化を防ぐ働きもあるので、動脈硬化や高血圧、心筋梗塞、脳梗塞を予防する効果もあります。

  • 血行を促進
  • 血行を促進し自律神経を整える働きがあるので、冷え性、肩こりなどの改善につながります。
    血行がよくなれば、新陳代謝が活発になるので、肌に弾力性が生まれます。
    また、紫外線に対する抵抗力を向上させる働きもあるので、しみやそばかすの生成が抑えられます。

  • 性ホルモンの分泌を促進
  • 女性ホルモンの分泌が促進されれば、生理前の不調や生理痛などが軽減されます。
    男性ホルモンの分泌が促進されれば、精子の活動を活発化させたり数の増量につながります。

ビタミンEが不足すると

ビタミンEが不足すると血液中にあるビタミンEが少なくなるので、過酸化脂質の生成が進み、老化や動脈硬化の原因になります。

また、細胞膜が壊れやすくなるため、溶血性貧血を引き起こすこともあります。
ほかにも、不妊症になりやすくなったり、冷え性などの不調も現れます。

ビタミンEの過剰摂取は?

ビタミンEは脂溶性ビタミンなので体内に蓄積されるのではないかと気にする方もいますが、ほかの脂溶性ビタミンと違って摂りすぎを気にする心配は少ないです。

上限を大きく超えると、肝臓障害が出たり血が固まらなくなったりしますが、普通の食事をしていれば上限を超えることはまずありません。

むしろ、老化防止や病気になるリスクを減らすために積極的に摂取するほうが、その効果が期待できます。

ビタミンEを多く含む食品

アーモンドやヘーゼルナッツなどのナッツ類、うなぎやはまちなどの魚介類、植物の種子から絞った植物油(ひまわり油、コーン油)などに多く含まれています。

また、かぼちゃなどの緑黄色野菜にも含まれています。

ビタミンEの効果を上げるために

強い抗酸化力で知られるビタミンEは単体で摂ってもよいのですが、同じような抗酸化力をもつビタミンと合わせてとると、相乗効果が期待できます。

ビタミンCやビタミンB2、β-カロテンなどと一緒に摂るとより高い効果が得られるでしょう。

揚げ油は使いまわさず新鮮なものを!

コーン油などの植物油で揚げ物をするとヘルシーに仕上がりますが、油は酸化しやすい性質なので取り扱いに注意が必要です。

古い油を使うと過酸化脂質を増やすことになり、かえって老化を促進させてしまいます。
揚げ物に使った油は、できるだけ早く炒め物などで使い切ってしまうようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ