乳酸菌の効果や多く含む食品など

乳酸菌とは?

乳酸菌というのは、腸内で乳糖やブドウ糖を栄養分とする細菌のことで、ビフィズス菌やブルガリア菌などがよく知られています。

人間の腸内には100種類以上もの腸内細菌が棲んでいます。
腸内細菌は、大きく分けると善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類がありますが、乳酸菌には悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整える働きをします。

また、有害物質の吸収を妨げたり、免疫力を高める働きもあり、がんの予防にも効果があるとされています。

乳酸菌が不足すると?

腸内に乳酸菌が少なくなると、大腸菌やブドウ球菌といった悪玉菌が増殖を始めるため、腸内環境が悪化します。

腸内環境が悪化すれば、便秘や下痢を引き起こします。
また、免疫機能が弱くなるため、病気に対する抵抗力が低下します。

乳酸菌の過剰摂取は?

乳酸菌の過剰摂取による影響は特に報告されていません。
個人の体質により、合う/合わない乳酸菌があると思いますので、合わない乳酸菌だとおなかがゆるくなることもあるようです。

乳酸菌を多く含む食品

ヨーグルト、チーズ、漬物などの発酵食品に多く含まれています。
また、乳酸菌飲料や特定の乳酸菌を含んで商品にしたものも多くあります。

乳酸菌の種類

乳酸菌にはたくさんの種類があります。よく知られているのはビフィズス菌あたりでしょうか。

最近では、ラブレ菌を含むドリンクタイプのヨーグルトやLG-21菌入りヨーグルトなど、含まれている乳酸菌を商品名にしている食品もたくさんあります。

乳酸菌飲料でみても、ヤクルトならシロタ株が使われていますし、そのほかのものであればカゼイ菌が含まれているものもあります。

商品によってさまざまな乳酸菌がありますので、自分に合う乳酸菌を見つけることができるとよいですね。

腸に届く前に死滅しても・・・

生きたまま腸まで届く乳酸菌というキャッチコピーをよく耳にしますが、死んだ乳酸菌は有益ではないのでしょうか。

菌の種類にもよりますが、生きた乳酸菌を摂取してもその大半は胃酸で死んでしまうのだそうです。

ですが、死んだ乳酸菌は腸内で食物繊維のような働きをしますので、腸内の有害物質を体外に排出するのに役立ってくれます。

腸内の乳酸菌を増やすには?

腸内環境を整えてくれる乳酸菌ですが、腸内に長く留まることができないので、その効果を得たいなら適度に摂取する必要があります。

オリゴ糖や乳糖など乳酸菌のエサになるものを一緒に摂るようにすると、腸内での増殖に役立つのでおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ