必須アミノ酸の効果や多く含む食品など

必須アミノ酸とは?

私たち人間の体を構成するのに必要なアミノ酸は20種類あります。
そのうち、体内で合成することのできないアミノ酸9種類を必須アミノ酸と呼んでいます。
これらのアミノ酸は、食品から摂取し胃腸で分解・吸収され、体内で必要なタンパク質を作ります。

必須アミノ酸の働き

トリプトファン・・・精神の不安や緊張を和らげる 不眠症の解消
フェニルアラニン・・・精神の高揚 血圧上昇 鎮痛作用
リジン・・・細胞の成長促進 肝機能向上 疲労回復
ロイシン・・・肝機能向上 筋肉強化
イソロイシン・・・疲労回復 からだの成長促進 血管拡張
バリン・・・筋肉の成長促進 筋力強化
スレオニン・・・成長と新陳代謝の促進
ヒスチジン・・・成長促進
メチオニン・・・肝機能の維持 かゆみや痛みの軽減

必須アミノ酸が不足すると?

筋肉や内臓を作る働きのあるリジン、ロイシン、バリンなどが不足すれば、その働きが阻害されることになります。
細胞の成長が妨げられたり疲れがなかなか取れなかったりしますし、肝機能や免疫機能も低下してきます。
神経伝達物質を作るトリプトファンが不足すれば、精神が不安定になったり睡眠障害が出てきてしまいます。
また、必須アミノ酸9種類のうちどれかひとつでも不足すると、他のアミノ酸の働きも低下してしまうので、バランスの良い摂取を心がけたいものです。

必須アミノ酸の摂りすぎは?

体に必要な必須アミノ酸でも、摂りすぎれば逆に障害となるものがあります。
トリプトファンには睡眠を安定させる作用があり、催眠剤や鎮痛剤に含まれていることがありますが、長期にわたって摂取を続けると肝硬変を引き起こしてしまいます。
フェニルアラニンには、精神を高揚させる働きや鎮痛作用がありますが、過剰な摂取は高血圧を引き起こします。
疲労回復に効果のあるリジンの過剰摂取は、腎機能障害を引き起こします。
よいものだからたくさん摂ればよいというものではありませんので注意しましょう。

必須アミノ酸が含まれている食品

外から食品として取り入れなければならない必須アミノ酸ですが、これらがバランスよく含まれているものを『良質タンパク質』といいます。
タンパク質を含む食品はたくさんありますが、アミノ酸のことを考えるなら、良質タンパク質を意識して摂りたいところです。
良質タンパク質として代表的な食品を紹介しましょう。

動物性:卵、牛乳、サケ、アジ、牛サーロイン、豚ロースなど
植物性:大豆、豆腐、納豆など、

タンパク質には動物性と植物性がありますが、どちらに偏ることなく摂取することが大切です。

運動とアミノ酸

ドラッグストアのスポーツコーナーにいくと、アミノ酸ドリンクやタブレットがたくさんおいてあります。
アミノ酸はタンパク質を作りますから、筋肉をつけるのにアミノ酸が有効なのです。
バリン、ロイシン、イソロイシンをBCAA(分岐鎖アミノ酸)といいますが、筋肉の合成や運動した後のエネルギー源として働きます。

ダイエットとアミノ酸

アミノ酸には筋肉をつける働きがありますが、筋肉がつくと基礎代謝量が増えるのでダイエットにもつながります。
また、フェニルアラニンには食欲を抑制する効果があります。
ショ糖の200倍の甘味があるので、人口甘味料の原料としても使われています。
ダイエットには嬉しいアミノ酸ですが、摂りすぎには気をつけてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ