炭水化物の効果や多く含む食品など

炭水化物とは?

炭水化物は、糖質と食物繊維で構成されており、成分表示欄などでは、炭水化物を糖質と食物繊維に分けて表示することもあります。

糖質は、私たちの生命を維持するために必要なエネルギー源で、タンパク質、脂質と並ぶ三大栄養素のひとつです。

ブドウ糖、果糖などの単糖類、ショ糖(砂糖)や乳糖などの二糖類、デンプンなどの多糖類があります。

炭水化物の働き

炭水化物に含まれている糖質は、体内に入るとブドウ糖に分解され、血液を通して体中に運ばれ利用されます。

特に脳や神経系にとっては唯一のエネルギー源になります。
分解と吸収が早く、ビタミンB1と一緒に摂ると、効率よくエネルギーに変換されます。

炭水化物が不足すると?

炭水化物、すなわち糖質が不足すると、エネルギー不足となり体内のさまざま機能が低下してきます。
脳は糖を蓄えることができないので頭がボーっとしてきたり、体にだるさを感じるようになります。

糖質不足が起こると、体はそれを回避するために体内のタンパク質からブドウ糖を生成しますので、筋肉量が落ちたり、病気への抵抗力が弱まって疲れやすくなります。

炭水化物の過剰摂取は?

炭水化物をたくさん摂るということは糖質を多く摂ることになるので、体内に余った糖質は脂肪として蓄えられることになります。

そうすると、肥満や中性脂肪の蓄積につながります。
また、糖尿病や脂肪肝を引き起こすリスクも高まります。

炭水化物が多く含まれる食品

炭水化物は私たちの食事の中で主食の部分を占めています。

ですから、ご飯やパン、麺類などの穀類、バナナやみかん、いちごなどの果物類、じゃがいもやさつまいもといったイモ類などに多く含まれています。

また、干しブドウやはちみつにも多く含まれています。

適量を適宜に

炭水化物に含まれる糖質は消化吸収が早いのが特徴で、また、体内に貯蔵されている量も少ないです。
ですから、食事をしないとたった7時間でなくなってしまい血糖値が下がり始めるのだそうです。

もちろんこの状態を回避するために、肝臓に貯蔵されているグリコーゲンをブドウ糖に分解して糖質不足を補う仕組みが体には備わっていますが、この間は肝臓の解毒作用が低下してしまうので、1日3回適量の糖質を摂ることが望ましいです。

炭水化物とダイエット

一昔前、炭水化物抜きダイエットとか低炭水化物ダイエットという、炭水化物の摂取量を減らすダイエットが流行りました。
炭水化物、つまり糖質を制限することで減量することを目的にしたものですが、今では危ないダイエットとして警告している学者もいます。

脳へのエネルギー源となる糖質は炭水化物にしか含まれていませんので、これを極端に減らすと、脳の機能障害が生じるのです。
頭がボーっとする、判断力が低下する、気分が落ち込むなどいろいろな障害がでてきますし、体内への供給が十分でなければ、体力の低下を招くことにもなります。

ダイエット目的で炭水化物の摂取を制限するなら、必要最低量は摂るようにしたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ