睡眠時無呼吸症候群になる原因や予防法など

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群というのは、夜寝ているときに呼吸が止まってしまう病気です。

10秒以上呼吸が止まってしまうことを無呼吸といいますが、この無呼吸が1時間あたり5回、もしくは7時間睡眠中に30回以上あると、病気として判断されます。

昼間の強い眠気や頭重などが自覚症状として現れますが、睡眠トラブルによるものとは考えにくいこともあり、家族に指摘されて初めて気づくこともあります。

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群には、大きく分けて、閉塞性と中枢性の2種類があります。
閉塞性の方は、睡眠中に上気道が塞がって呼吸が止まることで起こり、中枢性の方は、呼吸中枢の異常によってもたらされるものです。

上気道が塞がる原因には、扁桃腺の肥大によることもありますが、肥満によって首や喉まわり、舌の付け根などに脂肪がつくことでも起こります。

また、加齢よって気道周りの筋力が低下し、気道が狭くなりやすくなることも原因としてあげられます。

睡眠時無呼吸症候群の予防と改善

睡眠時無呼吸症候群で多いのは閉塞性のタイプですが、これは肥満による影響が大きいです。

もともと日本人はアゴが小さく気道が狭くなりやすい骨格なうえ、脂肪の付着と筋力低下が起これば、さらに閉塞しやすくなります。

ですから、肥満にならないようにすること、すでに肥満なら減量することが予防と改善のひとつとなります。
またアルコールには筋肉の弛緩作用があるため、就寝前にはアルコールの摂取を控えるというのも予防となるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ