くすみの原因と対策など

くすみとは

肌の色がなんとなくさえなくて、顔全体に透明感がなかったり明るさが失われている状態のことです。
疲れているように見えたり、明るい色の服が似合わなかったりすると、肌がくすんできているのかもしれません。

くすみの原因と対策

くすみの原因はいくつかあり、それぞれで対策も違ってきます。

  • 日焼け
  • 紫外線を浴びてメラニンが大量に生成されると、排出が滞って肌がくすんでしまいます。
    この場合には、ビタミンC誘導体などの美白成分を含む化粧品でメラニンの排出を促すケアをします。

  • 乾燥
  • 肌が乾燥するとターンオーバーに狂いが生じてくすむ原因となります。
    保湿をしっかり行うことで改善します。

  • 血行不良
  • 寝不足が続いたり疲れが溜まると、血液やリンパの流れが悪くなり、肌の新陳代謝が滞ります。
    そうして古い角質が溜まってくすんでしまいます。
    血行がよくなるようマッサージをしたり、ビタミンE、ビタミンAの摂取が効果的です。

  • 汚れ
  • 洗顔が正しくできていなかったり、化粧落としが不十分だと、汚れが皮脂などに溜まってくすみます。
    正しいクレンジングと正しい洗顔を行います。
    ピーリングを定期的に行うのもよいです。

  • 老化
  • 肌の老化とともにコラーゲンなどの生成量が低下し、肌の新陳代謝が遅れてくすみます。
    抗酸化力の高い食材を摂ったり美肌成分を補うことで、肌の新陳代謝を助けてあげましょう。

肌をくすませないために

肌がくすむ原因のどれにも共通しているのは、健康な肌でないときに生じるということです。

顔表面に受ける刺激を減らすことも大事ですが、生活習慣を整えることが内面からの予防につながります。
規則正しい生活を意識しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ