アクネ菌の意味、減らすための対策など

アクネ菌とは

アクネ菌は、ニキビの原因となる細菌としてよく知られています。
人間の体には普段からいろいろな種類の細菌が住み着いており、これらの菌は常在菌と呼ばれています。

アクネ菌も常在菌のひとつで、皮膚が弱酸性を保てるよう酸性度を調整し、ほかの病原菌が侵入してきたり繁殖したりするのを抑える働きをしています。

アクネ菌が増えると?

アクネ菌は、私たちの皮膚を健康に保つよう働いてくれる常在菌ですが、増えすぎるとニキビの原因になります。
アクネ菌は酸素を嫌い皮脂を栄養にしていますので、詰まった毛穴の中が大好きです。

そういうところがあれば、たちまち中に入り込んで増殖してしまいます。
こうしてアクネ菌が増殖すると、毛穴の中で炎症が起こり、ニキビとなって肌表面に出てくることになります。

アクネ菌を減らすは

アクネ菌は、皮膚にとってある程度なくてはならないもので、完全に除去することは不可能です。
ですから、アクネ菌が増殖しないようにすればニキビを防ぐことにつながります。

そのためには、アクネ菌の栄養となる皮脂を過剰に増やさないことと毛穴がつまらないようにすることがポイントとなり、肌を清潔に保つ必要があります。

だからといって洗顔をしすぎると肌が乾燥し、皮脂の分泌が多くなりますのでかえって逆効果です。
目安としては、1日2~3回の洗顔が望ましいとされています。

肌にダメージを与えるような洗顔を避け、正しいケアを行うとよいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ