クレンジングの種類など

クレンジングが招く怖さ

美肌を保つために大切なスキンケア。
ですが、クレンジングは肌に負担をかけてしまうNo.1です。

クレンジングが不十分だと化粧成分が残り、肌の新陳代謝に乱れが出て、シミやシワといった老化を促すことになってしまいます。

かといって、しっかり落とそうとゴシゴシ顔をこするのも、肌にとっては大きな刺激です。
そのため、正しいクレンジングが重要となります。

クレンジングの種類

  • オイルタイプ
  • ジェルタイプ
  • ミルクタイプ
  • ローションタイプ

一般的には、
オイル>ジェルおよびミルク>ローション の順に洗浄力が高いとされていますが、この順に刺激が強いというデメリットもあります。

オイルタイプは、クレンジング後に油分が肌に残るため、そのあとの洗顔でつい洗いすぎてしまい、乾燥を招くことがあるので気をつけなければなりません。

ジェル/ミルクタイプは、しっかり落とそうとしてこすりがちにならないよう注意します。

ローションタイプは、コットンに含ませて使うタイプやシートタイプがあり便利ですが、物によってはエタノールなどの強い刺激成分が含まれていることがあるので気をつけましょう。

優しいクレンジングとは

クレンジング剤にはいくつか種類があり、使用感などで自分好みのものを使っている方も多いと思います。
もし、肌への負担をできるだけ減らすクレンジングを目指すなら、パーツごとに使い分けるというやり方があります。

ファンデーションを落とすにはオイルタイプ、リップやアイメイクならローションタイプで軽く押さえるようにする、メイクの薄い日にはミルクタイプを使うなど、状況に合わせて使い分けることができるとよいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ