ケミカルピーリングの意味や効果など

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングというのは、肌の表面に化学薬品を塗布し、古くなった角質や毛穴に詰まっている老廃物を溶かして落とすものです。

よく、顔の皮を1枚剥がすという表現もされるので、なんとなく怖いイメージがあるかもしれませんね。

ニキビ治療のひとつとして用いられることも多いですが、そのほかにもシミの除去やシワ、たるみといった肌トラブルの改善にも注目が集まっています。

ケミカルピーリングの効果

肌に残った古い角質を強制的に取り除くことで、肌の新陳代謝を高めることができ、肌のターンオーバーが促進されます。

肌のターンオーバーが正常に行われるようになると、肌が健康を取り戻すことができ、シミが薄くなったりたるみが解消されるという効果があります。

また、よくニキビの治療に用いられるケミカルピーリングですが、そもそもニキビの原因というのは、毛穴に皮脂が詰まりアクネ菌が増殖することですから、薬剤を使って毛穴の詰まりを除去することでニキビ治療の効果が期待できるのです。

ケミカルピーリングのデメリット

薬剤を直接肌に塗るのですから、やはり肌の弱い方にはおすすめできないというデメリットがあります。
また、施術を行った後は肌が一時的に無防備な状態になるため、乾燥や紫外線による刺激を受けやすいです。

そのため、施術後の保湿ケアや遮光ケアといったことがとても重要になります。
ケミカルピーリングを受けた医師の指導の下、しっかり守るようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ