シミの原因や予防法など

シミの原因

顔にできる茶色っぽく見えるものがシミと呼ばれるものです。
ホクロやイボのことをシミと呼ぶときもありますが、シミにも種類があります。

医学的に分類すると大まかに6種類に分けられ、できる原因や対処法がそれぞれで違ってきます。
紫外線の影響によるもの、遺伝的なもの、ニキビやキズの痕が残ったもの、女性ホルモンのバランスが崩れてできるものなどがあります。

遺伝的なものや濃くなったものは、レーザー治療をしなければとれないものが多いでが、初期にケアすれば薄くなるものもあります。

シミの予防

紫外線によるシミを作らないためには、まず日焼けを避けることが重要です。
紫外線は夏に限らず曇りの日にも降り注いでいますから、ちょっとの外出であってもこまめに日焼け対策をしましょう。

それから、美白化粧品を予防として使うこともおすすめです。
美白成分はそのほとんどがシミの元となるメラニン色素の生成を抑える働きをしますので、シミができる前に使うと効果を発揮します。

ですから、早いうちからケアを行うとよいでしょう。
また、食生活から摂り入れる栄養素も大事なポイントです。

メラニンの生成を抑えるビタミンC、抗酸化力のあるポリフェノールやビタミン類を積極的に摂り、体の内側からシミができにくい環境を整えておきましょう。

できてしまったシミには

ピーリングをすると、肌のターンオーバーが促され、メラニン色素の排出が進みます。
また、ビタミンCには、メラニン生成を抑える働きに加え、できたしまったメラニン色素を還元してシミを薄くする働きがあります。

ビタミンAには、肌の新陳代謝を促進し、シミの排出を促す働きがあります。
初期段階のシミであれば有効でしょう。

シミを予防する食材

シミを予防するには、シミを作らせない・濃くさせないようにするのが先決です。
メラニンの生成を抑えるビタミンCは、緑黄色野菜や果物に多く含まれています。

肌の新陳代謝を促すビタミンAは、鶏レバーやうなぎ、モロヘイヤなどに豊富に含まれています。
最近はいろいろな種類のサプリメントもありますが、美肌を目指すなら、サプリメントよりも野菜やお茶から摂るほうが吸収率がよいため効果的です。

シミ予防のために気をつけたい食材

レモンにはビタミンCが豊富なので積極的に摂る方も多いかもしれませんが、朝食に摂ることは避けてください。
レモンやパセリ、クロレラなどに含まれる『ソラレン』という物質は、紫外線感受性を高める作用があります。

ソラレンを摂取すると紫外線に敏感になるため、シミができやすくなってしまうのです。
レモンやパセリは夜に摂るようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ