保湿する効果、方法など

保湿は大切

どんなに高級な美容液をつけても、お肌がカサカサではその効果も期待できません。
それだけ保湿というのは、肌にとって大切なものです。

肌が乾燥しているとバリア機能が低下するため、トラブルを招いたり老化が進んだりします。
ですから、季節の変わり目や加齢に伴う乾燥から肌を守ることがスキンケアの基本になります。

正しい保湿ケアを

ただ化粧水をバシャバシャつけるだけでは肌は潤いません。
表面上は潤っているようにみえても、角質層にまで届いていなければ、また乾燥を繰り返すことになります。

ですから、角質層にまでしっかり水分を与えて、その水分が蒸発しないようキープさせることが大切なのです。

ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分を含んだ化粧水をたっぷりつけてなじませたら、乳液やクリームなどで油分を補うようにします。

乾燥がひどいときは、お風呂から上がってすぐ、湯気でしっとりしているうちに保湿ケアを行うようにするとよいでしょう。

保湿効果を高めるには

正しいケアを行いながら、さらに保湿の効果を高めるにはどうしたらよいでしょうか。
水分キープを前提に、美容液などで栄養分を補給してあげることが効果的です。

ほかには、紫外線による刺激をできるだけ少なくする、生活習慣を整えるといったことも保湿効果アップにつながります。
紫外線は肌のターンオーバーを乱す原因となるため、浴びすぎないようにしましょう。

運動不足や偏食で栄養が偏ると、全身の血行が悪くなるため、肌のターンオーバーやバリア機能の低下につながります。

睡眠を十分にとり、栄養バランスの取れた食事をして健康的な生活を送ることも、保湿効果アップをもたらしてくれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ