産毛の意味や処理法など

産毛とは

産毛というのは、一般的には生まれたばかりのあかちゃんに生えている毛のことをいうのですが、美容を気にする女性達の間では、顔にうっすら生えている毛全般のことを指しています。

おでこや頬などの毛はあまり目立たないのですが、鼻の下や眉間にある毛は気になる方も多いかもしれませんね。

産毛があると?

産毛があるデメリットとしてよくあげられるのは、

  • 顔色がくすんでみえる
  • ファンデーションのノリが悪い
  • 美容液の浸透が悪くなる
  • ニキビなどの肌トラブルの原因になる

産毛には、外の風やホコリといった刺激から肌を守る働きもあるのですが、肌を明るくみせたいなら、肌に負担をかけない程度に処理するほうがよいでしょう。

産毛の処理

産毛の処理にはいくつかの方法がありますが、シンプルなのはカミソリによるシェービングです。
顔表面をクリームや泡でしっかり保護してから、清潔なカミソリを使って角質を傷つけないように剃ります。

顔の肌は敏感ですから、毎日とか2~3日おきに行うのではなく、3週間に1回ぐらいの頻度がよいそうです。
日焼けした後や肌トラブルのあるときは、お手入れを避けるようにしましょう。

また最近では、サロンでの光脱毛を行う方が増えているそうです。
自己処理の面倒から解放されますし、美肌効果も期待できるということで人気があります。

理容院でもプロによるシェービングを受けることができます。

女性はちょっと入りづらい印象がありますが、スチームで保湿ケアをしてくれる理容院もありますので、探してみてもよいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ