肌荒れの原因や効果のある食材など

肌荒れって?

肌荒れといってもいろいろあります。
かさつき、ニキビ、シミ、シワなど、悩みは人それぞれですが、肌がかさついてくると、『最近肌が荒れてるのよね~』と感じる方も多いと思います。

カサカサしていたらクリームをたっぷりつける、シミにはビタミンCがよい…など言われることもありますが、
どれもその仕組みを知ってから対処しなければ逆効果になることもありますので、正しいケアを行うことが大事です。

肌がかさつく原因

肌にはもともと水分を守る保湿成分があり、この成分が正常に働いていれば乾燥することもありません。
ですが、保湿成分が少なくなってくると、肌の角質層にある水分が蒸発し乾燥し始めます。

年齢が進むにつれ生産される保湿成分の量が減少しますので、乾きやすくなってしまうのです。
肌が乾燥しているかうるおっているかというのは水分によるものなので、クリームのような油分を補うだけでは乾燥を改善することはできません。

また、体の不調が積み重なり、その結果として肌に影響が出ることもあります。
代謝が悪くなって肌のターンオーバーが乱れると、肌が乾燥することもあります。

うるおいのある肌にするには?

肌を常にうるおった状態にしておくには、どうすればよいでしょうか?
それには、肌に保湿成分を与えてあげることが先決です。

乾燥している肌に水分をいくら与えてもうるおいません。
まずは、肌自身が水分を保持できるよう『肌質改良』を行います。

保水力のあるセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分の入った美容液で補うようにしましょう。
また、生活習慣の乱れも肌の状態に影響しますので、規則正しい生活に努め、バランスの良い食生活をしましょう。

肌荒れに効果のある食材

肌にうるおいをもたらしてくれるビタミン類ですが、中でもビタミンAは肌を正常な状態に保つ力に優れています。
ビタミンCは、肌をみずみずしく保ってくれるコラーゲンの生成をサポートしてくれます。

ビタミン類は緑黄色野菜に多く含まれていますので、積極的に摂るようにしたいものです。
また、血行が悪くなると代謝がスムーズに行われないため、肌のターンオーバーが滞り乾燥することになります。

血行をよくする鉄分も補うようにしましょう。

肌荒れによくない食材

炭水化物の摂りすぎや脂っこいものばかり食べるというのは、肌に必要な栄養素を摂ることができません。
また、ビタミンの摂取を意識して生野菜ばかり食べるというのも、体を冷やして血行が悪くなるため、結果として肌によいとはいえません。

炭水化物、脂質、生野菜をまったく摂らないということではありませんが、偏って食べるのは禁物です。
お酒やコーヒーなども、摂り過ぎると肌荒れを起こすきっかけになります。

アルコールの分解には水分が使われますし、利尿作用もありますから、体全体が水不足になりやすくなります。
カフェインはビタミンやミネラルを排出したり、血管を収縮させたりするので、血行が悪くなることもあります。
適量で抑えるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ