かいわれ大根の栄養成分や効能など

栄養成分

かいわれ大根というのは、大根が発芽した直後の胚軸と子葉の部分で、今では専用に改良された品種が使われています。
発芽した直後の新芽ですから、栄養や酵素がたくさん含まれています。

ビタミンC、K、β-カロテンといったビタミン類や、鉄、カルシウム、カリウムといったミネラル分が豊富に含まれています。
また、大根に多く含まれている消化酵素のジアスターゼも豊富です。

ほかにも、メラトニンや独特の辛味成分であるイソチオシアネートが多く含まれています。

かいわれ大根の効能

ビタミン類の働きにより、疲労回復や美肌、動脈硬化の予防といった効果があります。
カリウムには血圧を降下させる作用があるので、高血圧の予防になります。

ほかにも、鉄やカルシウムが多く含まれているので、貧血の改善や骨粗しょう症の予防になります。
ジアスターゼは、消化を促進し胃酸を調節する働きがあります。

メラトニンには、体内時計を調節する作用があるので安眠につながりますし、辛味成分のイソチオシアネートには、がんの予防効果があるとされ、近年注目を集めています。

効果的に摂取するには

消化酵素のジアスターゼは熱に弱いので、消化促進を期待するなら生食がよいです。

かいわれ大根は生のままサラダなどにして食べることが多いですが、辛味が苦手な方は、スープに入れるなどしても美味しくいただけます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ