きゅうりの栄養成分や効能など

栄養成分

90%以上を水分が占めているため、栄養価は高くありません。
ですが、カリウム、マグネシウム、カルシウムといったミネラルが含まれています。

ほかには、利尿作用があるとされるイソクエルシトリンや青臭さの元となるピラジン、きゅうり頭部の苦味であるククルビタシンが含まれています。

きゅうりの効能

きゅうりに含まれるカリウムは、体内の余分なナトリウムを排出し血圧降下を促すので、高血圧の予防になります。
イソクエルシトリンには、利尿作用やむくみ解消の効果があります。

ピラジンには血栓を防ぐ働きがあるので、血液がサラサラになり、心筋梗塞や脳梗塞の予防になります。
ククルビタシンには抗がん作用があることが知られています。

また、汗をかく夏場に食べると、水分補給と同時に汗で失われたカリウムを補うことができるので、夏バテ防止に適しています。

効果的に摂取するには

きゅうりには、ビタミンCを破壊するアスコルビナーゼという酵素が含まれているので、ビタミンCを含む食材と一緒に食べるときは注意が必要です。

ドレッシングやレモン汁、酢などを使うとビタミンCの破壊を防ぐことができます。
ぬか漬けのきゅうりは、ぬかに含まれるビタミンB1をきゅうりが吸収するので、疲労回復や二日酔いの防止によいとされています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ