しょうがの栄養成分や効能など

栄養成分

薬味として使われるしょうがには、特に目立った栄養はありません。
あえてあげるなら、カリウム、カルシウム、ビタミンCなどが少量含まれています。

辛味成分にはジンゲロンやショウガオール、ジンゲロールなど、香り成分にはジンギベロール、シネオールなどが含まれています。

しょうがの効能

しょうがの辛味成分であるジンゲロンやショウガオールには、強い抗酸化作用があります。
さらに、ジンゲロンには抗菌作用や殺菌作用、ガン予防効果、食欲増進効果があり、ショウガオールには、血行促進や脂肪燃焼効果などがあります。

そのため、悪玉コレステロールを抑制したり、高血圧の予防や血栓を予防する効果が期待できます。
また、新陳代謝が促進されるため、血行促進効果と相成って関節痛や筋肉痛を緩和したり、体を温めて風邪を予防する効果もあります。

ほかにも、胃液の分泌を促して消化をよくする働きがあります。

効果的に摂取するには

ジンゲロンやショウガオールの効力を得るなら、炒めたり煮物に入れて加熱して食べるのがおすすめです。
ジンゲロールには消臭効果や強い殺菌効果があるので、お刺身を食べるときや魚の臭み消しに使うときは生のまま食べるほうがよいでしょう。

辛味成分は皮の近くに多く含まれているので、皮ごとすりおろして使うと効果が上がります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ