にんじんの栄養成分や効能など

栄養成分

野菜のなかで豊富なβ-カロテンの含有量を誇るのがにんじんです。
β-カロテンは、体内でビタミンAに変換されます。

ビタミンAはそれだけを過剰に摂ると頭痛などの過剰症が心配ですが、β-カロテンは必要に応じてビタミンAに変換されるのでその心配はありません。

ほかにもα-カロテンやカリウム、ビタミンC、食物繊維などが含まれています。

にんじんの効能

β-カロテンから変換されるビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあるので、免疫力を高めたり、活性酸素を除去する効果があります。

α-カロテンはβ-カロテンよりも強い抗酸化力があるので、それらの相乗効果により、ガンや動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果を発揮します。

また、カリウムには血圧を下げる働きがあるので、高血圧の予防につながりますし、食物繊維の働きにより整腸作用もあります。

効果的に摂取するには

にんじんに含まれるβ-カロテンは、油と相性がよいので、油炒めにするとβ-カロテンの吸収率が格段にアップします。
また、皮の近くにたくさん含まれているので、よく洗って皮付きのままか、皮をできるだけ薄くむくようにするとよいです。

生のにんじんを食べるときは、にんじんに含まれるアスコルビナーゼにビタミンCを壊す働きがあるので、一緒に食べる食材に注意します。

酢を混ぜるとアスコルビナーゼの働きが弱くなるので、酢入りのドレッシングを使うとよいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ