まいたけの栄養成分や効能など

栄養成分

まいたけには、ビタミンD、B1、B2、カルシウム、亜鉛、銅、カリウム、ナイアシンなどが豊富に含まれています。
その中で圧倒的な有効成分であるのが、多糖類のβグルカンです。

まいたけから抽出されるβグルカンは、まいたけ特有の化学構造を持つため、MD-フラクションと呼ばれています。

まいたけの効能

まいたけに含まれるMD-フラクションには、人間の免疫機能を正常に戻し、がん細胞の増殖を抑える働きがあります。
この働きは、ほかのきのこ類と比べると倍以上もあるとされ、その強力な効果に注目が集まっています。

また、免疫力を高める働きは、風邪などの病気にもかかりにくくなる効果が期待できます。
βグルカンは食物繊維と同じような働きもするため、腸の老廃物を排出するといった作用があり、大腸がんの予防効果もあるとされています。

まいたけはきのこ類ですから低カロリー食材です。
また、ビタミンB2には、脂質や炭水化物をエネルギーに変えてくれる働きがあるので、肥満予防の効果もあります。

ほかにも、まいたけに含まれるミネラルや食物繊維などは、高血圧の予防や便秘の解消、糖尿病の予防、動脈硬化や心筋梗塞などの予防に効果があるとされています。

効果的に摂取するには

有効成分のβグルカン(MD-フラクション)は水溶性なので、できるだけ水で洗わないようにします。
鍋料理につかうときはだし汁を薄味にして、汁ごといただくようにしたり、お味噌汁の具にするのもよいです。

汁の出ない煮物や天ぷら、炊き込みご飯も、まいたけの有効成分を得るのにおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ