アボカドの栄養成分や効能など

栄養成分

アボカドには、ビタミンB群、E、C、カリウム、鉄、食物繊維などがバランスよく含まれています。
果肉の約20%が脂質になりますが、その内の約80%がオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸です。

アボカドのタンパク質には、トリプトファンやリジンなどの必須アミノ酸がたくさん含まれています。
アボカドは、『森のバター』と呼ばれるほど栄養価の高い果物です。

アボカドの効能

ビタミンB群による疲労回復効果があります。
ビタミンEやCのもつ抗酸化作用は、老化防止や動脈硬化の抑制、美肌などの効果があります。

カリウムは高血圧の予防に効果を発揮しますし、食物繊維は便秘の改善に役立ちます。
果肉に含まれる不飽和脂肪酸は、血液中の善玉コレステロールを増やして血液をサラサラにする効果があります。

必須アミノ酸のトリプトファンには緊張を和らげる効果がありますし、リジンには成長を促進する働きがあります。

効果的に摂取するには

加熱すると苦味が出るため、生食がおすすめです。
熱い料理に加えるときは食べる直前に混ぜ合わせるようにします。

切った面にレモン汁をふりかけておくと、変色を防止するとともに、アボカドの脂肪分の分解を助けることができます。

食べ頃を見極めるのが難しいですが、未熟なアボカドはかたくて美味しくないので、室温で放置して熟すのを待つようにします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ