オクラの栄養成分や効能など

栄養成分

オクラといえば、あの独特なぬめりが特徴的です。
このぬめりには、食物繊維のペクチンやムチンなどが含まれています。

また、β-カロテンやビタミンB群、C、E、カルシウム、鉄といった栄養も含まれています。

効能

ぬめりに含まれているペクチンには、腸の働きをよくしたりコレステロールを減らす働きがあり、動脈硬化の予防につながります。

また、糖分の吸収速度を抑える働きもあるため、血糖値の急激な上昇を抑え、糖尿病の予防効果を期待できます。
ムチンには、タンパク質の消化を助ける働きがあります。

オクラにはたくさんのビタミンがバランスよく含まれているので、それらが相互に作用しあって、免疫力を高めたり、細胞の老化抑制や疲労回復などに効果があります。

効果的に摂るには

オクラのぬめりに含まれるペクチンやムチンは水溶性なので、できれば生で食べたいところです。
よく洗ってから刻んでかつお節などと一緒に食べると効果も大きくなります。

豆腐や納豆など良質なタンパク質を含む食材と一緒に食べれば、夏バテ防止に一役買ってくれますし、便秘の改善や大腸がんの予防にも効果的です。

生で食べるのに抵抗があれば、汁物に入れてスープごと飲むのもおすすめです。
天ぷらにするなど油と一緒に摂れば、β-カロテンの吸収率がアップします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ