キムチの栄養成分や効能など

栄養成分

キムチには、唐辛子やにんにくなどの香辛料が使われていますので、ビタミンA、C、B1や辛味の元となるカプサイシンが含まれています。

発酵食品ですから乳酸菌も含まれていますし、発酵による作用で、ビタミンB1やナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラル分も多く含まれています。

キムチの効能

キムチには、発酵によって生成されたビタミン類やミネラル類などの働きによって、コレステロール値を低下させたり胃腸のぜん動運動を促進する効果があります。

辛味成分のカプサイシンには、デンプン質やタンパク質の消化を助けたり、胃液の分泌を促す働きがあります。
乳酸菌には腸内の環境を整える作用があります。

効果的に摂取するには

キムチを食べるときは、洗ったり汁を絞ったりせず、そのまま一緒に食べるようにすると、乳酸菌やビタミンの流出を防ぐことができます。

発酵が進むと、乳酸菌以外の細菌が増えて酸味が出てくるため、賞味期限内に食べきるようにします。
開封したキムチはどんどん発酵が進むので、開封後早めに使うようにしましょう。

発酵が進んで酸味が出てきたキムチは、火を通す料理に使うとそれほど気にならなくなります。
豚肉との相性は抜群によいですが、火を通しすぎると苦味が出るので、火加減に注意しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ