ゴーヤの栄養成分や効能など

栄養成分

ゴーヤはビタミンCの含有量がとても多く、キャベツやレモンの2倍、きゅうりやトマトの5倍もの量が含まれています。

さらに、加熱しても壊れにくいという特徴があり、β-カロテンや食物繊維も豊富に含まれています。
また、鉄、カリウム、リンといったミネラルも含まれています。

ゴーヤの効能

ゴーヤにはビタミンCとβ-カロテンが含まれていますが、これらが相互に作用しあって、夏バテや疲労回復の効果があります。
さらに、老化防止や美肌効果、ストレスへの抵抗力アップも望めます。

ゴーヤ独特の苦味成分はククルビタシンという成分ですが、この成分も体に良い効果があります。
活性酸素を除去する働きがあるので、動脈硬化の予防に効果がありますし、免疫力を高め、ガンの発生を抑える効果もあります。

また、血糖値を下げる働きもあるので、糖尿病の予防にも効果を発揮します。

効果的に摂取するには

ゴーヤを油で炒めて食べると、β-カロテンの吸収が良くなり、それによりビタミンCの働きが活発になります。
ゴーヤに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいので、炒めて食べる方がβ-カロテンとの相乗効果を得ることができるのでおすすめです。

また、ビタミンEを含むサーモンやマグロ、アーモンドなどと合わせて食べると、抗酸化力が高まり、老化防止の効果が高まります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ