トマトの栄養成分や効能など

栄養成分

トマトには、抗酸化作用をもつビタミンの代表格である、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEが含まれています。

このほかにも、赤い色素成分であるリコピンやカリウム、ビタミンB6、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も含まれています。

トマトの効能

β-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、リコピンのもつ抗酸化作用は、相乗効果により活性酸素を除去する効果を高めてくれます。

そのため、動脈硬化の予防や抗がん作用、美肌作用、免疫力アップ、老化防止などの効果が高まります。
カリウムには体内の余分なナトリウムを排出する働きがあるので、血圧を正常に保ち高血圧を予防する効果があります。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝を促してくれるので、疲労回復に効果があります。
クエン酸やリンゴ酸は、胃液の分泌を促すので食欲増進の効果があります。

効果的に摂取するには

「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど、トマトの健康効果は高いものです。
1日に1個~2個食べると健康を保つことができるのだとか。

生食でもよいですが、加熱してもトマトのビタミンCは壊れにくく、リコピンも熱に強いので、煮込み料理にも適しています。
肉と合わせて煮込むと、旨味とコクが出て美味しくいただくことができます。

生のトマトが手に入らないときは、トマトジュースなどの加工品でも栄養価を補うことができます。
トマトジュースには食塩添加のものと無添加のものがありますので、塩分を気にするなら無添加を選ぶほうが安心です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ