大和いもの栄養成分や効能など

栄養成分

大和いもはヤマイモの一種で、ヤマイモの中でも粘りが最も強いものです。
主成分はデンプンで、アミラーゼやジアスターゼといった消化酵素とカリウムが豊富に含まれています。

ほかにも、ビタミンB群やCといった栄養も含まれています。
皮をむいたときのヌルヌルした部分は、水溶性食物繊維のムチンによるものです。

大和いもの効能

大根の3倍もの消化酵素が含まれているので、デンプンの消化吸収を助け、胃腸の働きを活発にします。
ヌルヌルに含まれるムチンは、胃壁を保護してタンパク質の吸収を助けたり、腸でコレステロールや糖分が吸収されるのを防ぐ働きをします。

そのため、便秘の改善や糖尿病の予防といった効果があります。
また、ビタミンB群が豊富に含まれているため、エネルギー代謝が促進され、スタミナアップや抵抗力アップの効果も期待できます。

高血圧の予防や、疲労回復、滋養強壮といった効果もあります。

効果的に摂取するには

大和いもに含まれる消化酵素は、加熱により働きが悪くなるので、できれば生で食べるほうがよいでしょう。
大和いもは長いもに比べて粘りが強く旨味が多いので、すりおろしてとろろにして食べるのもおすすめです。

アクが強いので、皮をむいたらすぐに酢水につけるか熱湯にくぐらせると変色を防ぐことができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ