大根の栄養成分や効能など

栄養成分

大根の栄養素は、根よりも葉の部分にたくさん含まれています。
β-カロテンとビタミンCが豊富で、ほかにもカルシウムや鉄などが含まれています。

根の部分にもビタミンCは含まれていますが、それよりも特徴的なのはアミラーゼやジアスターゼといった、さまざまな消化酵素が豊富に含まれている点です。

辛味成分としては、メチルメルカプタンなどが含まれています。

大根の効能

大根の葉に含まれるβ-カロテンやビタミンCには強い抗酸化作用があるので、免疫力アップや抗がん作用の効果があります。
カルシウムや鉄には、骨粗しょう症の予防や貧血の改善効果を期待できます。

大根の根にはさまざまな消化酵素が含まれているため、胃腸の働きを助け消化を促すといった働きや胃酸の分泌を正常にする働きがあります。

消化酵素のひとつであるペルオキシダーゼには、有害物質を除去する働きがあるため、発がん性物質を抑制する効果があります。
辛味成分には、血栓が作られないようにする働きや解毒作用があるとされ、抗がんや生活習慣病の予防に効果を発揮します。

効果的に摂取するには

消化酵素やビタミンCは熱に弱いため、生のまますりおろして食べるとよいです。
ですが、時間が経つにつれてどちらも損失していくため、食べる直前にすりおろすようにします。

また、消化酵素のペルオキシダーゼには、焼き魚の焦げ付き部分に含まれる発がん性物質を解毒する働きがあるので、大根おろしを焼き魚に添えて食べるとよいでしょう。

切り干し大根は、千切り大根を干したものですが、食物繊維が豊富でビタミンやミネラルが凝縮されているので、こちらもおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ