玉ねぎの栄養成分や効能など

栄養成分

玉ねぎといえば、あの目にしみるような匂いが特徴的です。
これは硫化アリル(アリシン)という成分によるもので、私たちの体によい効果をもたらしてくれます。

栄養としてはカリウム、亜鉛、カルシウム、ビタミンB1やCなどが含まれています。

玉ねぎの効能

玉ねぎに含まれる硫化アリルには、さまざまな健康効果があります。
まず、血栓が作られるのを防止して血液をサラサラにしてくれる働きがあります。

また、善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らしたり、血小板の凝集を抑える働きがあります。
そのため、動脈硬化や脳卒中、脳出血、心筋梗塞といった病気の予防に効果があります。

ほかにも、殺菌・抗菌、抗ガン作用といった働きがあります。
また、ビタミンB1の吸収を高める働きがあるので、疲労回復の効果もあります。

効果的に摂取するには

硫化アリルは加熱するとその働きがなくなってしまうため、生で食べるほうがよいです。
水溶性なので、水にさらすときは長くおかないようにします。

また、豚肉などビタミンB1を含む食材と一緒に食べると吸収がよくなり、栄養効果がアップします。
硫化アリルのもつ血栓防止などの効果を得るなら生食が一番なのですが、最近の研究では、切ったあと1時間ぐらい放置して加熱調理をしても、コレステロールを低下させる効果があることがわかってきました。

望む効果によって調理法を変えられるというのは、生の玉ねぎが苦手な方には嬉しいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ