白菜の栄養成分や効能など

栄養成分

白菜の約95%は水分ですが、ビタミンなどの栄養素がバランスよく含まれています。
中でも豊富なのはビタミンCとカリウムです。

ほかには、β-カロテンやビタミンE、カルシウム、食物繊維なども含まれています。

白菜の効能

ビタミンCには体の抵抗力をアップさせる働きがあるので、風邪などの病気にかかりにくくなります。
また、美肌効果も期待できます。

カリウムには、血液中のナトリウムを排出する働きがあるので、利尿作用や高血圧の予防といった効果があります。
ビタミン類には疲労回復の効果も期待できます。

白菜に含まれる食物繊維はやわらかいため、加熱すると食べやすくなり便秘改善に効果があります。

効果的に摂取するには

カリウムなどのミネラル分は芯の部分に多く含まれているので、刻むなどして工夫して使い切るとよいでしょう。
煮るとカリウムが溶け出してくるので、煮汁ごといただくようにします。

サラダなど生食すると、体の余分な熱を取る働きが高まりるとともに水分補給代わりにもなるので、二日酔いの緩和に効果があります。

また、かぼちゃや小松菜、にんじんなどの緑黄色野菜と一緒に摂ると、β-カロテンとビタミンCの作用で美肌効果や風邪予防効果がアップします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ