納豆の栄養成分や効能など

栄養成分

納豆には、ビタミンB2、E、K、鉄、カリウムといった栄養や食物繊維が含まれています。
主成分であるタンパク質は、大豆と比べると、発酵により消化されやすい形のタンパク質になっています。

ほかにも、ネバネバに含まれるムチンやナットウキナーゼ、納豆菌など、大豆にはない有効成分があるのも特徴です。

納豆の効能

ナットウキナーゼには、血栓溶解酵素が含まれていて、これは食品の中では納豆だけのものです。
ですから、血栓を溶かしたりできにくくする働きがあるため、脳梗塞や心筋梗塞などの予防につながります。

納豆菌による整腸作用は、便秘を改善したり、大腸がん発生のリスクを低減してくれます。
ビタミンKは、カルシウムの吸収を高めてくれるので、骨が丈夫になり、骨粗しょう症の予防になります。

納豆に含まれるムチンやアルギニンは、胃粘膜の保護や滋養強壮、免疫力アップにも効果を発揮します。

効果的に摂取するには

ネバネバには有効成分がたくさん含まれていますが、熱に弱いため、生で食べるようにします。
よくかきまぜると、うまみと栄養価もアップします。

また、薬味としてのりやねぎ、しそを加えると、ビタミンAやCを補うことができます。
納豆の持つ整腸作用のことを考えれば朝食に食べるほうがよいですが、血栓溶解作用を考えれば夕食に食べるほうがおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ