鶏肉の栄養成分や効能など

栄養成分

鶏肉といえば、高タンパク・低カロリーな食材として、スポーツをする人やダイエットをする人達によく用いられています。
鶏肉のタンパク質には、体に必要とされる必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

脂肪部分には、オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸が含まれており、手羽先にはコラーゲンが豊富に含まれています。
栄養素としては、ビタミンA、B1、B2、カリウム、リンなどが含まれています。

鶏肉の効能

鶏肉に含まれるタンパク質は良質で、アミノ酸スコアが100という優れものです。
消化や吸収もよいため、疲労回復、細胞や筋肉の成長促進、老化防止などさまざまな効果があります。

コラーゲンには皮膚の新陳代謝を活発にする作用があるので、美容効果もあります。
オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸には、血液中のコレステロール値を調節する働きがあるので、動脈硬化の予防に効果があります。

効果的に摂取するには

できるだけ新鮮なものを選ぶようにします。
脂肪に含まれる不飽和脂肪酸は、時間が経つにつれ酸化していくので、新鮮なうちに摂りたいものです。

皮の部分にはコレステロール値を上げる成分が含まれていますしカロリーも他の部位に比べて高いため、取り除いてから食べるようにするとヘルシーです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ